ヘアカラーでツヤが欲しい、ツヤの出ない方にオススメするヘアカラー

2021/12/05
ヘアカラーでツヤが欲しい、ツヤの出ない方にオススメするヘアカラー

ヘアカラーをして髪をツヤツヤにしたい!

やっぱり髪にはツヤがあって綺麗な状態が良いですよね。

ツヤが欲しい方にオススメするカラー、

ヘアカラーでツヤが出ない原因は?

カラーでツヤが出やすい色はあるの?

ツヤってそもそもどうして出るんだろう?

そういった疑問について、enore柏鈴木が説明させて頂きます。

髪のツヤは光の反射によるもの

髪は光が反射することによってツヤツヤに見えます。

明るい髪色はダメージにすることによって髪の表面も荒れるので、暗めから8レベルくらいまでが褪色してもツヤが出やすく、綺麗な色をキープしやすいです。

毛先が痛んでパサつくとツヤも出なくなってしまうので、トリートメントなどで内部補修、外部の補強をして髪の凹凸を整えてあげることでツヤも出やすくなるります。ヘアケアをしてダメージを防いであげることも大切になります。

カラーをするとツヤが出る?

ヘアカラーをすることでブリーチやハイトーン、ハイダメージのカラーでない限りツヤが出やすくなります。

それはカラーによって色素が髪の内部に入り、綺麗に光を反射させる手助けをしてくれる、また美容室でのシャンプーやトリートメントによって髪の凹凸を整えてくれるから。

市販のカラー剤ではツヤを失いやすいのは必要以上に髪の内部の成分を流出させてしまう、表面を荒れさせてしまう、痛んだ結果パサつきツヤのない髪になってしまいます。

カラーをしてツヤが出やすい色味は?

色味の中でもツヤが出やすいのはピンクやバイオレット、レッド系やラベンダー系の暖色系のカラーになります。

日本人の髪色は赤みをおびているので、それに近いカラーを重ねる事でツヤが出やすくなります。

アッシュやマット系でも暗めにしたりブラウンを混ぜることでツヤが出やすくなります。

カラー後のケアもとても重要になります。

アルカリに寄った髪をそのままにしてしまうとキューティクルが開いた状態でダメージを受けやすく、色持ちも悪くなります。

カラー後のケアも美容室では様々なものを用い出来ますが、ご自宅ではどうしても限界があるのでツヤ髪を目指すなら市販のカラーは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

髪にツヤを出すのには光の反射率を上げるために髪を痛ませないようにすること、凹凸を無くすこと、

カラーは明るすぎない色、8トーン以下で暗めの方がツヤが出る

カラーの色味は基本暖色系、ブラウン系

トリートメントなどのヘアケアも大事です

【price】

弱酸性縮毛矯正<カットなし>  15000円 

酸熱トリートメント<カットなし> 15000円

ハイダメージ毛対応縮毛矯正<カットなし> 22000円

縮毛矯正+弱酸性酸熱トリートメント<カットなし> 22000円

カット 5500円

カラー 6600円

トリートメント 5000円

enore柏 鈴木 英之