ブリーチで傷んだパサパサ髪をサラサラにする!自宅ケアの極意をプロが伝授!

美容室エノア『コロナウィルス感染予防対策の実施について』

こんにちは!弱酸性カラーと髪質改善が得意な美容院ENORE(エノア)です!

ブリーチをすると鮮やかなヘアカラーを楽しむことが出来ますが、その一方でどうしても髪の毛が傷みパサパサになるのが悲しいところ、、。

髪がパサパサだとせっかくの髪色も汚く見えてしまいますし出来るだけ髪を綺麗に見せたいはず!ということで本日はブリーチして傷んだ髪を自宅のケアでサラサラ綺麗に見せる方法をご紹介していきます!

(読む時間がない方は、気になる目次をクリックすると簡単に読みたいところだけ読むことができますよ!)

目次

ブリーチで傷んだ髪を自宅でケアしてサラサラにするポイント

傷んだ髪はとりあえずケアをすればサラサラになる!というわけではありません。

しっかりと髪の状態に合わせてケアしてあげないと上手いこと効果が出てくれませんし、何よりもお金と時間の無駄になってしまいます、、。そんなもったいない事だけは、この記事を読んでくださっている皆さんにはして欲しくないので、まずは

ブリーチで傷んだ髪をケアする上でおさえて欲しいポイント

をご紹介していきますね!

①しっかりとタンパク質(アミノ酸)&脂質を髪に補給

(↑こちらの方は中間から毛先がブリーチ毛でパサパサでしたが、シャンプーと洗い流すトリートメントを見直したところ、1ヶ月後毛先がしっとりまとまる様になってます!使用したシャンプー、トリートメントはこの後おすすめ商品としてご紹介してますよ!)

ブリーチをすると髪の中の栄養分(アミノ酸や脂質)が大量に流出し、髪の中がスカスカになってしまいます。だから髪がパサつき、広がり、ボサボサになってしまうんです。なので、髪の中に足りなくなった栄養分をしっかりと補給することが大切!補給することで髪の中に栄養分が浸透し髪がもっちりとサラサラになるんですね。また、髪がスカスカな状態のままだと髪のダメージはどんどんひどくなってしまいます。髪に栄養補給をすることで、ダメージの進行を抑えることにも繋がるんです!

*ヘアケアで補給した栄養分は髪の中に長時間滞在する事は出来ません。どうしてもすぐに流れてしまうので、毎日しっかりとヘアケアで栄養補給をする必要があるのは忘れずに!

②ダメージレスを意識して!

ブリーチでダメージしてしまっている髪はかなり傷みやすく繊細な状態。だから、これ以上髪をダメージさせないように気をつけないといけません。ホームケアは髪を元気にしてくれるイメージがありますが、

間違ったケア方法

髪に負担のあるヘアケア商品の使用

をしてしまうと、髪に負担がかかりホームケアでもダメージにつながります。なので、サラサラな髪にしたいなら「ダメージレスなヘアケア商品」を「正しい使い方」で使ってあげる事が大切なんです。

③過度なトリートメントはNG

髪がダメージしてパサパサするとみなさんトリートメントを徹底的にやりたくなると思いますが、トリートメントもやりすぎは髪のダメージになってしまいます。

筆者自身も過度なトリートメントで大失敗したうちの1人なのですが、トリートメントに書いてある使用方法の説明を無視して

・(数日に1回と書いてあるトリートメントなのに)毎日使用する
何十分もトリートメントをつけ置きする
・1回につける量がめちゃくちゃ多い
・いろんな種類のトリートメントを使用する(洗い流すトリートメントを1回に3種類使う etc)

などをしてしまうと、髪はどんどんボロボロになっていくので、最初効果があったトリートメントが回数を重ねるごとに全く効かなくなって、何をしても髪がまとまらなくなるんです、、。(筆者体験)

もともとトリートメント、中でも集中ケア系のトリートメントは髪への負担が大きい商品が多い傾向にあります。ですが、元々髪が傷んでいると物凄く扱いづらいですから、負担があると言ってもトリートメントをすると髪がツルサラになり効果が感じられるわけです!でも、やりすぎてしまうと本当に髪はパサパサボロボロになってトリートメントの意味がなくなってしまうんです。

だから、トリートメントは自分の髪の状態に合わせて必要最低限をする様にするようにしましょう。髪の綺麗をゲットするためには「無駄な事をせず、必要なケアだけを必要な分する」というのも大切ですよ!

では、早速本題の「ブリーチでパサパサな髪をサラサラにするホームケア」について注意するポイントやおすすめ商品をご紹介していきますね!

ブリーチでパサパサな髪を「サラサラ」にするホームケア方法

①シャンプー

シャンプーは髪の状態に合っているものを正しく使わないと、髪にかなりダメージを与えてしまいます。ホームケアの中で最も「髪の状態を左右」するヘアケアになりますので、髪をサラサラにしたいと思った方はまずシャンプーにこだわりましょう。しっかりとシャンプーでケアが出来れば、髪の広がりを抑えて指通りも良くなりますし、トリートメントの効果も高まりますよ!

「シャンプー」のケアポイント

①アミノ酸シャンプーを使う

アミノ酸シャンプーとはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーの事

髪を優しく洗い上げてくれるため髪への負担が少なく、高品質な商品になると「3大タンパク(ケラチン、シルク、コラーゲン)」「フェザーケラチン」など髪との相性抜群な栄養分が豊富に含まれているため、シャンプーなのにトリートメントと同じもしくはそれ以上の毛髪補修効果が期待できるものもあります!

どうしても髪が傷むとトリートメントにお金をかけがちですが、まず最初にお金をかけるべきはシャンプーです。そして、シャンプーは値段では選ばず品質で選ぶようにしましょう!

*アミノ酸シャンプーは髪を優しく洗う事が出来る分、泡立ちづらい特徴もあります。ですが、汚れが落ちてくるとしっかり泡立ってくれますので、泡立たなかった場合は1度流してもう1度シャンプーをしてみてくださいね!

②シャンプー選びに最も大切なのは配合バランス

シャンプーにとって配合されている成分は大事です。しっかり何が含まれているのかチェックする事で、そのシャンプーがどういう狙いや効果があるのか分かります。でも、それ以上に大切なのが

内容成分の配合バランス」です!

実は良い成分がたくさん含まれていても、それが良い仕上がりになるとは限りません。洗い上がりや手触り、髪への負担は全てバランス次第。特にブリーチ毛はバランスがちゃんと取れているシャンプーを使わないと、「洗浄力がちょっとでも強いと髪がダメージしパサパサに」「栄養分(タンパク質)の種類や配合量で髪の手触りが大きく変わる」など色々シャンプーの影響が出やすいです。

残念ながら成分表示には何%何が入っているのかまでは分かりませんが、

・洗浄成分
・栄養成分(タンパク質)
・保湿成分

配合成分を全て見て、バランスよく良いものを使っているかチェック!最終的な判断は使ってみた仕上がりで決めましょう。

それとは逆に、どれか1〜3種類くらいの成分だけ「良い成分ですよ」と激推ししているシャンプーは怪しいので注意しましょう!

③髪を洗うときはマッサージ洗いで

髪をゴシゴシと洗ってしまうと髪同士の摩擦で髪がダメージしてしまったり、頭皮が傷ついて炎症が起きてしまう原因になってしまう事があります。なので、シャンプーで髪を洗うときは

頭皮をマッサージするようにシャンプーしましょう↓

これだけでも汚れや余分な皮脂はしっかり落ちますし、頭皮の血流も良くなり元気な髪が生えやすい頭皮環境作りが出来ます。どんなに良いシャンプーを使っても正しい洗い方が出来てないと髪はダメージしてしまいますから是非気をつけてくださいね!

↓こちらのブログで詳しくご紹介していますので、良かったら是非のぞいてみてください!

アミノ酸シャンプーを使いこなそう!『損をしない正しい髪の洗い方』

↓おすすめの「アミノ酸シャンプー」商品

注目のアミノ酸シャンプー!「エノア弱酸性シャンプー」のご紹介

②洗い流すトリートメント

洗い流すトリートメントって実は髪が傷んでない方には不要なホームケア。でも、ブリーチ毛にとっては神的効果を発揮します!

・髪の絡まりを無くしたり

・手触りを良くしたり

・しっかりと栄養補給出来たり

良い事づくし。でも、先ほどご紹介したように「やりすぎ」は髪への負担にしかなりませんので、商品選びや使い方はこれからご紹介する注意ポイントに気をつけてくださいね!

「洗い流すトリートメント」のケアポイント

①保湿成分は髪に優しいものを使っている

トリートメントで髪がダメージしてしまう大きな原因は、保湿をしたり手触りを良くしようと髪表面をがっつりコーティングをするタイプのトリートメントを使ってしまう事。髪表面をしっかりコーティングしてしまうと、一時的に手触りが良くなってもコーティングが剥がれる際、キューティクルを傷めてダメージしやすい髪にしてしまうんです。

なので、保湿成分は髪表面に残りづらく、髪に優しいものが含まれているものを選びましょう。

髪に優しい保湿成分(例)

ポリグルタミン酸、リピジュア、水溶性シリコン、揮発性シリコンなど

*シリコンは頭皮につけなければ優秀な成分です。ただ、髪に残りにくい水溶性と揮発性のもの限定!

②シャンプーと一緒に買う

洗い流すトリートメントの効果はシャンプーでどれだけ髪の土台作りが出来るかにかかっています。また、全く別物のシャンプーやトリートメントを使ってしまうとお互いの効果が上手く噛み合わない事がありますので、トリートメントを選ぶときは

同じシリーズのシャンプー・トリートメント2つの効果を、商品ごとに比べて選ぶのがおすすめです。

③トリートメントをつけたら目の荒いクシで優しく髪をとかす

トリートメントをつけた後

↑このように目の荒いクシを使って優しく髪をとかしましょう。

そうすると、髪に均一にトリートメントが付くので仕上がりが良くなります!

ただ、濡れている時髪は乾燥している時よりも傷みやすいですから、毛先から優しく丁寧にとかしてくださいね!

↓こちらで詳しく「洗い流すトリートメントの効果的な使い方」をご紹介しています

洗い流すトリートメントを効果的に使う『5つの条件』

↓おすすめの「洗い流すトリートメント」商品

(先ほどのシャンプーと同シリーズです)

シャンプーと一緒に使って欲しい!「エノア弱酸性トリートメント」のご紹介

③洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントはいろんなシーンで活用できる万能ヘアケア!

髪の栄養補給手触り・見た目の向上だけではなく

乾燥、紫外線、熱ダメージから髪を守る

効果もあるので是非使っていただきたいヘアケアです!!

「洗い流さないトリートメント」のケアポイント

①使うシーンによって商品選びを気をつけよう

洗い流さないトリートメントは

・ドライヤー前
・お出かけ時のスタイリング
・出先で髪の乾燥が気になった時

など色んなシーンで活躍します。なので、使いたいシーンに合わせて商品を選ぶのが◎

例えば

ドライヤー前
ドライヤーの熱風から髪を守るため「耐熱性の高い」成分が入っているもの

スタイリング
紫外線による乾燥ダメージをしっかり防いでくれるもの

といった感じで。

使いたいシーンでぴったりな商品を使うと髪への効果も出やすいですしね!

使い分けが面倒くさい方は、どのシーンでも大活躍してくれる高性能なトリートメントもありますので、それを使えば簡単にお手入れが出来ますよ!

【美容のプロが伝授】効果を発揮する洗い流さないトリートメントの使い方!

②洗い流さないトリートメントも「髪に優しい保湿成分」は必須!

洗い流すトリートメントと同じように髪に優しい保湿成分が含まれているトリートメントを選びましょう!ダメージは傷みやすくなっているブリーチ毛にとって大敵ですから!

③しっかりと髪に浸透してダメージケア出来るもの

ブリーチ毛は髪の中の脂質やタンパク質が不足しているため髪の中の水分と油分のバランスが非常に不安定。なので、トリートメントをつけても持ちが悪くすぐに髪が広がってしまうんです。

だから洗い流さないトリートメントもしっかりと高補修効果が期待出来るものを選びましょう。

例えば、髪にも含まれる18種のアミノ酸や、ケラチンタンパクなどの成分が補給できると傷んだ髪の毛にダイレクトに効きます!

常に髪の中の不足している栄養分を補ってあげる事がブリーチ毛の状態を良くするため、見た目や手触りのためにも必要不可欠なんです!

↓おすすめの「洗い流さないトリートメント」商品

ブリーチ毛にはこちらの「オイルタイプ」と「エマルジョン(乳液)タイプ」のW使いがおすすめ!髪に足りなくなった栄養分をガッツリ補給出来ます!!

洗い流さないトリートメント「エノア ヘアトリートメントエマルジョン」のご紹介

洗い流さないトリートメント「エノア ヘアトリートメントオイル」のご紹介

④ヘアオイル

ヘアオイルはブリーチ毛さんにとって髪を艶やかにそしてサラサラに見せてくれる必須アイテム!髪の保湿もしてくれるので乾燥で広がりやすいブリーチ毛さんにはぴったりです!

でも、ヘアオイルもオイルの種類によって髪に合う合わないありますし、つけすぎてベタベタになりやすいので使い方には注意しましょう!

「ヘアオイル」のケアポイント

①髪の酸化と乾燥を防いでくれるものを

外に出て紫外線を浴びると、お肌と同じように髪も酸化します。酸化すると老化が促進するなど色々嫌な事が起きると言われますが、髪にとって1番のダメージは「乾燥」!

乾燥するとせっかくスタイリングした髪型も崩れやすくなってしまいますし、何よりも髪がダメージしてしまいます。なので、ヘアオイルを使うときは酸化しずらいオイルを選びましょう。

ちなみにおすすめは『ホホバオイル』です!

ホホバオイルは「腐らないオイル」と言われるほど酸化しずらく、さらに髪の中まで浸透し保湿力の高いオイルです!なじみもよく自然なツヤと滑らかな手触りが特徴!是非スタイリングの時に使って欲しいオイルです!!

実際に使用した仕上がりはこんな感じ↓

もし、気になる方はこちらの記事でホホバオイルについて詳しくご紹介してます!↓

ホホバオイルで髪がしっとりツヤツヤ「美容師が使い方を徹底解説!」

②オイルを付ける時は「毛先→中間→内側(襟足など)→前髪」の順番で

ヘアオイルは「つけすぎたり」「べたっと仕上がってしまったり」付ける時にミスをしてしまいがち。

なので、髪につける時は 「毛先→中間→内側(襟足など)→前髪」の順番でつけましょう。

髪の内側にもつける事で表面だけにオイルがたくさんついてしまう事を防ぎ、艶やかでさらにふんわりと自然に仕上がります。オイルのつける量も気をつけたいところですので、慣れてない時は最初少なめに手に取り、足りないようでしたら少しずつ足していくのがおすすめです。

*前髪につける時は手に残っているオイルをつけるようにしましょう。新しく手にとってつけると、つけすぎの原因になりやすいです!

おすすめの「ヘアオイル」商品

↓100%オーガニック!ホホバオイルのピュアオイルを使いたい方

オーガニック派のあなたが使うべき『エノア ゴールデンホホバオイル』とは

↓ホホバオイル配合のスタイリング仕上げ専用ヘアオイルでツヤツヤ

簡単ひと手間でツヤ感アップ!「エノアオーガニックスタイリングオイル」のご紹介

↓しっかり栄養補給重視なら

洗い流さないトリートメント「エノア ヘアトリートメントオイル」のご紹介

その他ホームケアでおすすめ商品

スタイリング剤

スタイリング剤をつける方には「バーム」がおすすめ!

バームとはシアバターなどを原料に作られていて、通常のワックスよりも自然なツヤ感がしっかりと出ますし、さらに髪が固まらず程よいセット力で女性から人気のスタイリング剤です。

商品によっては普通のワックスだと出来ない、「髪の保湿」が出来るため乾燥しやすいブリーチ毛をしっかりダメージから守り髪型を崩れにくくしてくれます。ブリーチ毛さんに一押しです!

↓こちらでバーム商品のご紹介をしていますので参考に是非ご覧ください(^ ^)

『濡れ髪』オーガニックヘアバーム・シアバター|エノア 公式通販

ドライヤー

髪は濡れている時一番傷みやすい状態です。また、だからと言ってもドライヤーの熱風は髪を傷めますし、ブリーチ毛は特に髪を乾かすと乾燥しすぎてしまいパサパサな仕上がりになってしまう事も多く困りもの。でも、髪を乾かさないワケにはいきませんから

・髪を洗ったらすぐに乾かす
(髪は濡れている時一番傷みやすい)

・低温ドライヤーでダメージを徹底的に与えないドライヤーを使う

事にしっかりと注意してください!

また、低温ドライヤーもたくさんありますが、ブリーチ毛さんに絶対おすすめしているのが

こちらの「復元ドライヤープロ」です。

なんとこのドライヤー「髪の中の水分量をコントロールして、髪にとって一番ベストな湿度にしてくれる」優れもの!美容師であるエノアスタッフも驚くほど

「短時間」で「簡単」に「美容師がセットした様な仕上がり」にしてくれるドライヤーです。

また、「髪を徹底的に傷ませない」!!@コスメで1位を獲得したことのある商品の進化形ですので、「そろそろドライヤー変えよっかな」という方におすすめです!

良かったらこちらの詳しい記事もご覧ください↓

世界初!【復元ドライヤープロで髪が綺麗に。髪質改善が叶う5つの秘密】

最後に衝撃的事実を!「髪の毛のパサパサは『治せない』」

髪の毛は死んだ細胞でできていますから、一度傷んでしまうとお肌のように元通り復活することはありません。

だから、パサパサになるまで傷んでしまったら、ヘアケアでその髪を綺麗に見せたり、一時的に栄養補給することは出来ても元の元気な髪には戻れないんです。

そう。皆さんに勘違いして欲しくないのは

どんなにヘアケアを頑張っても髪が元どおりになることはない」ということ。

だから、ブリーチをして髪がパサパサになってしまったら

・ダメージ部分の栄養補給をするヘアケア
・髪を扱いやすく綺麗にみせるヘアケア

そして「これ以上髪が傷まないようダメージレス」に気をつけて欲しいんです。

ブリーチしたら髪が傷んでしまうのは仕方ないです。でも、その後の髪がサラサラ綺麗な状態になるか、パサパサ汚い状態になるかは自分次第!これ以上傷ませないためにも、ブリーチしていてもツヤサラ魅力的な髪でいるためにも自宅でのヘアケアを頑張りましょう!

ホームケア関連記事

↓ホームケア関連の記事もご紹介させていただきます!ご自宅のヘアケアの参考になれば幸いです。

「ちゃんとヘアケア出来てますか?」美髪になるための7つの基本

ホームケアで髪質改善|自宅で髪を綺麗にする2つの極意と5つのお手入れ

「髪質改善って本当?嘘?」見れば全てが分かります!!

ブリーチで縮毛矯正出来ない方にご覧いただきたい記事

ホームケアしても、やはりくせ毛だと髪はうねり広がりやすいです。でも、縮毛矯正は出来ないからどうしようもない、、。そう諦めている方は1度エノアにご相談ください。エノアでははいダメージで縮毛矯正が出来ない方におすすめのトリートメントメニューを準備しています。

クセが伸びる訳ではありませんが、縮毛矯正とトリートメントの間の様な仕上がりで、このように広がりを抑えることが出来ます!↓

↓気になる方は是非こちらの記事もご覧ください!

【徹底解説】ブリーチ毛に縮毛矯正は出来るのか?!プロが実例と知識お伝え致します!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「髪のダメージは気にしないからブリーチをしてヘアカラーをたくさん楽しみたい!」

そう思いつつも、どうせならツヤサラ綺麗な髪の方が良いに決まってますよね。ヘアカラーの見え方は髪の質感に大きく左右されるところもありますし!なので、今日はそんな欲張りな皆さんに向けて少しでも参考になればと思いながら書かせていただきました。

ツヤサラなブリーチ毛になるためには、自宅でのヘアケアは必須です!

ぜひ、ヘアカラーを楽しむためにも髪の良い状態を出来るだけ保ってくださいね!

何かご質問などありましたら、エノアスタッフにお気軽にご相談ください(^ ^)!