弱酸性カラーで叶う!艶髪にする3つのポイントをご紹介

こんにちは!

【髪質改善専門店】ENORE表参道店 スタイリスト池澤です☺︎

街中に突如現れる艶髪美女。

皆さん憧れませんか?

もちろんトリートメントや普段のケアもめちゃくちゃ大事なんですが、カラーのやり方でかなり変わります!

今回はカラーで艶を出すポイントを3つにまとめました。

中でもオススメなのは弱酸性カラー!

今回はカラーで艶を出す方法や弱酸性カラーがオススメな理由を紹介させていただきます!

カラーで艶を出す3つのポイント

1明るさはイメージより1トーン暗めで!

やはり明るさを重視してただ明るくしているだけだと、どうしてもパサついて見えたり日本人特有の赤みが出てきてしまいます。

イメージよりも少し暗めに染めることにより色味がはっきり出て艶感を出すことができます!

2色味はラベンダーorブルー系で!

ラベンダーやブルー系のカラーは艶を出すのにぴったりな色味です!

ブラウンベースの方で紫や青にしたく無い方もニュアンス程度に少し色を混ぜるだけで艶がかなり出ます!

美容師さんと相談してみましょう!

3傷まないカラー剤を選ぶ【弱酸性カラー】

これ当たり前なんですが痛んでいると艶は出にくいです。

カラー剤って市販の物からプロ用の物まで本当にたくさんの種類があります。

カラー剤によってはかなりダメージしてしまうものもあるのが現実です。

中でも特にオススメなのは弱酸性のカラー剤!

痛みが少ないカラー剤を使っているサロンさんを探してダメージ少なくカラーしましょう!

弱酸性カラーって何?オススメな理由をご紹介!

先程からオススメさせていただいている弱酸性カラー。このカラー剤は本当にダメージが少ないカラー剤です!

まず髪にとって1番いい状態は弱酸性です。

その弱酸性の領域の中で施術することで髪に余計な負担を与えずキューティクルを壊さずに色を入れてくれます!

傷みが少ないカラー剤はたくさんありますが基本的にはアルカリカラーです。

優しいアルカリカラーはキューティクルを壊すが最小限に抑えるというイメージで確かにダメージは少ないのですが弱酸性カラーはキューティクルを壊さずに色を入れていくので全くの別物になります!

中でもENORE の開発しているオリジナル弱酸性カラーはジェル状になっておりトリートメント成分も入れながら髪に負担なく塗布することもできます。

試したことがない方はぜひ1度試していただきたいです!

艶カラーQ &A

Q艶カラーの色持ちってどうなんですか?

A 色持ちに関してはかなりいいです!

ただ艶を出すためのラベンダーだったりの色味は早めに取れてきてしまいがちですが艶感はキープできます!

 また弱酸性カラー繰り返し染めていくとキューティクルを開かず染めるためどんどん色が定着していき持ちも良くなってきます!

Q弱酸性カラーのデメリットってないんですか?

A ダメージに関しては全くないです!ただキューティクルを最小限に開いてカラーする物なので全体をトーンアップするときやブリーチなしで色味をかなり濃く出すカラーは向いてないです。

ご予約:お問い合わせ

ご予約

webからのご予約がスムーズです

×の場合でもメニューによってはお取りできる場合もあるのでその場合はInstagram(@8888ryouta)もしくは店舗に直接お電話ください!(03-6804-2990)

お問い合わせ

メニューの相談等お問い合わせの場合はInstagramのDM(@8888ryouta)もしくはお店にお電話(03-6804-2990)下さっても大丈夫です!(ご相談の場合お店が混み合っている時に限りリコールさせていただく場合もございますご了承ください)

住所

〒107-0062港区南青山3丁目3-16 IQビル2F
※ 地下鉄 表参道駅 A4出口より徒歩5分
TEL:03-6804-2990