髪色が綺麗な透明感のあるカラーにならない。もちの良いカラーをするには弱酸性が大切。

季節は夏から秋に変わり洋服の気分も一気に秋服にチェンジしてなんだか少しイメチェンもしたい気分。そんな時はカラーでイメチェンがオススメ。

この秋は是非弱酸性でもちの良い透明感カラーを手に入れましょう。

今なら新規の方限定

弱酸性カラー+弱酸性トリートメント 10560円

お電話のお問い合わせは吉澤の記事を見たと言っていただければこちらの料金でご案内いたします。

下記電話番号クリックでお店に繋がります。

☎︎ 03−6264-0214

ENORE 銀座 所在地

〒 東京都中央区銀座4-13-18-2F

弱酸性カラーで透明感のあるカラーを

今回は実際のお客様をご紹介します。

ご来店いただいてまず髪の毛を触診、問診させて頂いたところ、まず髪に黄色みやオレンジみが出ています。

今回のお客様の色味のオーダーは柔らかく深みのある透明感で艶っぽいグレー系がご希望。

まず黄色みを消すために補色のバイオレットのお色味を少しだけ配合し、あとは透明感たっぷりのグレー系と少し遊びのあるブルーを塗布していきます。

仕上がり

透明感系カラーは色もちが悪くすぐ色が抜けてしまうとお悩みの方が多いですがしっかり補色の関係性を補ってあげること。弱酸性の低ダメージでカラーをしてあげることで退色を防ぐことができます。

このように弱酸性カラーでも美しく濃い透明感あふれる上品なカラーが可能なのです。

もちろん低ダメージでなので色もちもGOOD

色もちを更に良くさせる場合はシャンプーが大切。

市販のシャンプー剤には髪の汚れを落とすために洗浄力が強く入っていることが多く、この洗浄力成分のせいで髪の色や栄養を奪われてしまわれている場合が多いです。

しかし髪の汚れは実はお湯で流すだけで8割ほど落ちているんです。

ですから洗浄力を限りなく少なくしたシャンプー剤を使ってあげることにより髪質も良くなり栄養もあるいつまでも美しい髪色を保つことができるのです。

何が良いかわからない方は是非担当の美容師に聞いてみてください。

是非シャンプーを変えることをオススメします。

おわりに

弱酸性カラーを使って低ダメージでカラーをすることによってダメージも防ぎながら色もちの良いカラーを楽しむことができます。

柔らかい透明感で美しいカラーを是非弱酸性カラーで楽しみましょう。