セルフカラーで失敗してしまった時の美容室(ENORE)での染め直し方や対処法

こんにちは

 

ENORE表参道店、店長の榊原です

 

 

セルフカラーで失敗してしまった方や、髪色がムラムラでお悩みの方へ

 

お客様へ提案している対処方法をご紹介していきます。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

お客様の例

 

 

こちらはご紹介いただき初来店のN様

 

 半年前ぐらいにブリーチをして、最近はセルフカラーで暗めの色に染めていたそうです

 

今回はブリーチした部分と、していない部分の色ムラがお悩みでご相談いただきました!

 

色ムラを直す方法をお客様の髪の状態に合わせて提案

 

直す方法として榊原が提案したのはこちらの3つの方法

 

・ブリーチしていない部分をもう一度ブリーチして色を均一にする

 

・白髪染め(染料の濃いカラー剤)を混ぜて暗めにする

 

・ハイライト+弱酸性カラーで色ムラを馴染ませる方法

 

N様にあった方法をカウンセリングしていきました。

 

 

①ブリーチしていない部分をもう一度ブリーチして色を均一にする

 

まず①に関しては、一度ブリーチした所以外(根元の暗い部分)をもう一度ブリーチする方法

 

暗かった部分が明るくなり均一にはなるのですが、

 

N様は「ブリーチするとプリンが気になるのが早く大変」というのもあったので

 

根元が伸びてきたときに、またブリーチをしなければいけない①の方法はN様にとって合っていませんでした。

 

 

②白髪染め(染料の濃いカラー剤)を混ぜて暗めにする

 

次に②の白髪染めを混ぜたカラー剤で染める方法

 

この方法も営業中色ムラを直す時はよく使います

 

ですが、デメリットとして白髪染めは「染料」が濃いため少し暗めの色になっていまいます。

 

N様は明るめの色が希望でしたので、この方法も×

 

③ハイライトで色ムラを馴染ませる方法

 

カウンセリングの結果

 

今回はN様とのカウンセリングの結果、③のハイライト+弱酸性カラーを使って直す方法になりました

 

現状色ムラが気になってしまっている原因は

 

ブリーチした部分としていない部分の境目、横のラインで目立ってしまうのが原因です

 

ハイライトを簡単に説明すると、「縦の線を作ってムラを作るデザインカラー」

 

細かいハイライトを入れる事で

 

横ラインでムラになってしまっている部分に、縦の線を入れる事で色ムラを馴染ませる事ができます!

 

 

そして全体的に弱酸性カラーで染めて、透明感とツヤをだしていきます!

 

 

毛先部分はブリーチで切れ毛になってしまっている毛先を調整カット

 

ペラペラになってしまった毛先〜厚みのあるシルエットにチェンジ

 

最後に超音波トリートメントでツヤサラな質感に!

 

 

 

後ろからのシルエットはこんな感じでイメージが変わりました

 

 

 

まとめ

 

セルフカラーで失敗してしまった時の解決する方法はいくつかありますが

 

お客様の髪の状態に合わせて方法は変わります

 

しっかりカウンセリングをして最善の方法を一緒にみつけましょう!

 

『初回来店のお客様限定』弱酸性カラー+架橋式トリートメント

 

定価(税込み)¥13200→初回割引¥10560(ロング料金なしシャンプー&ブロー代込み)

 

↓↓ウェブ予約は下記バナーからご予約も可能です。(クーポンは新規の方限定になってしまいますがご利用頂けます。)↓↓

 

 

 

別メニューのお得なクーポンもありますのでお問い合わせください。

  

お電話でのお問い合わせでは、”ホームページを見た”とお伝え頂ければクーポン適用いたします。

下記電話番号クリックでお店に繋がります。

☎︎ 03−6804−2990

東京都渋谷区神宮前4-17-8 オリエンタル原宿207 

 

(初めましての方はこちらの自己紹介ページもご覧ください!こちらをクリック

(次回予約はじめました!こちらをクリック)  

(榊原はこんな想いを込めて日々お客様に向き合っています!詳しくはこちらをクリック