弱酸性カラーなら矯正と一緒にできる?!

2022/05/17
弱酸性カラーなら矯正と一緒にできる?!

こんにちは!!ENORE表参道店の高橋です!!

今回は、弱酸性カラーについて

ご紹介していきたいと思います。

弱酸性カラーって何??

まずカラー剤には、アルカリカラーと弱酸性カラーなどたくさん種類があるのですが、

アルカリカラーは、リフト力(色をあげる力)があるお薬になっています。

なので明るくしたい方はアルカリ成分のある薬剤を使わないと髪色のトーンはかわらないです。

暗めに染めたけど毛先がどんどん明るくなってしまうのがお悩みという方は

正直弱酸性カラーで染めてあげた方が

絶対にいいんです!

何故かと言うと、弱酸性カラーは

色をあげる力がないので、

色が落ちてきても、

毛先が明るくなるということはありません!

なので、色が落ちても

綺麗な髪の毛でいられるのも

弱酸性カラーを続けていくメリット

になるので、カラーで色が

明るくなりやすい方

にもオススメです。

縮毛矯正と一緒に出来る?

ズバリ言わせていただくと出来ます!

しかし、場合によっては一緒にしない方が

オススメのときもありますので、

一度髪質やどのぐらいのお色にしたいのかな

ど、細かくカウンセリングさせて

頂いてからにはなるのですが、

たとえば、トーンをブリーチギリギリまで

上げたいという方は別日に

施術する方がいいです。

縮毛矯正でせっかく弱酸性の良い状態に

出来たのに、またアルカリ性の高い

カラー剤を使ってしまうと、

髪の毛の負担がすごく

大きくなってしまうからです。

なので、一緒にするのではなく、

少し時間を開けてから染めてあげると

良いかと思います。

おうちのホームケアはどうしたらいい??

おうちでのケアは正直いうと

基本が大事になってきます。

実は一番大事なことが、髪の毛はしかり乾かして寝ていただくとです。

髪の毛は濡れている状態が一番痛みやすく、敏感なので

しっかり乾かしていただきたいです。

濡れたまま寝てしまうと布団との摩擦でよりダメージにつながってしまいますので

半乾きではなくきちんとドライヤーで乾かしてあげてください。

次に大事になってくるのはシャンプーです。

トリートメントの方が大事だと思いがちなのですが、

トリートメントは表面に付着してコーティングで見た目がツヤツヤ

になるのですが、髪の毛の中から改善されていってはいません。

なので自分に合ったシャンプーを使ってあげるのが大事です。

質の悪い洗顔を使ってから質の高い化粧水を使ってとしても

肌の中身は綺麗にはなっていきませんよね??
それと原理は同じです。

シャンプーを自分に合ってないのを使いトリートメントで

コーティングしても髪の毛自体が綺麗になっていきません。

ENOREでもオリジナルで3種類シャンプートリートメント

を自社で作っているのですが、敏感肌用のシャンプーや、エイジングシャンプー

縮毛矯正用のシャンプーを作っているので

髪の毛や頭皮のお悩みなどに沿ってお話させていただいて

よりあうシャンプーを提案させていただきます。