縮毛矯正していてもインナーカラーをしたい時に知っておきたい事5選




こんにちは! 

ENORE 青山店のクライシーです!

今回は僕が得意としている縮毛矯正をしつつもカラーを楽しみたい方にアドバイスをさせて頂きます!





初めに

皆さんは縮毛矯正と聞いてどんな髪の色を想像するでしょうか?

大半の方がこういった黒髪や暗めの髪色を想像するのではないでしょうか?

確かに縮毛矯正と暗めの髪色はとても相性が良いです。



その理由として

1. 縮毛矯正による艶を最大限に出すことが出来る

2 . カラーによるダメージを抑えられる為、無理なく縮毛矯正がかけられる

3 . 白髪染めをされている方も黒染めであればほぼノーダメージで白髪を染められる

といった理由があります。



しかし、


就職したら明るく出来なくなるから今明るくしてみたい!


リモートワークになって出勤する回数が減ったから明るくしてみようかな?


縮毛矯正をしていてずっと暗い色だけどマンネリになってきた、、、


など、縮毛矯正をしている、する予定があるけれど髪の毛を明るくしたい方はたくさん居られるかと思います。


ところが縮毛矯正と明るいカラーやブリーチを一緒に出来るのか?



縮毛矯正とブリーチを一緒にする事はかなり難しい



縮毛矯正した髪にブリーチ


ブリーチした髪に縮毛矯正


当店で取り扱っている薬剤と知識があれば出来なくはありません。


しかし、ブリーチも縮毛矯正も美容院で行うメニューの中でトップレベルのダメージを与える施術です。


その2つを一緒に行うとなると髪の毛が痛むのはなんとなく想像できるかと思います。


手術で言えば脳の手術をして体力限界の患者さんに心臓の手術をするような感じです。



「 傷んでも良いからやってほしい! 」


というお声をよく頂くのですが、間違った施術でダメージを与えてしまった場合、


「ビビリ毛」といった状態になってしまったり、最悪の場合には髪の毛が切れたり溶けたりしてしまいます。



髪の毛がとても丈夫な方や、縮毛矯正もしくはブリーチをとても上手にされていて


髪の毛の体力が十分に残っている方であれば出来るケースもありますが、


完璧な状態に仕上がるのはごく一部になります。



それでも 縮毛矯正 × ハイトーン をするには、、、?




内側だけにカラーをするインナーカラーなら出来るかも?

インナーカラーだとなぜハイトーンカラーが出来るかもしれないのか?


その理由は


1. 少し傷んでしまったとしても表面ほどには気にならない


2 . くせが弱めの方であればインナーカラーをした部分だけ弱めに縮毛矯正をする or しない という選択肢もある


3. 表面の質感、艶に影響がない


といった点になります。



僕なら既にインナーカラーをしている髪の毛にも縮毛矯正をかけられます!



この写真のお客様はイヤリングカラーで2回ブリーチをされていましたが、


「弱酸性」の薬剤を使って縮毛矯正をかけさせて頂き、


ご覧のように自然で綺麗なストレートヘアにすることができました。


⚠︎もちろんブローやアイロンによる仕上げは行っておりません。





「弱酸性」とは?


小学校や中学校の時にピンクや青のリトマス紙に塩酸などの溶液をつけて色が変わる授業を受けたのを覚えておられますか?


この世にある物質が水に溶けた液体(水溶液)は酸性、中性、アルカリ性に分けられるのですが、

弱酸性というのは酸性と中性の中間に位置する状態になります。



そもそも人の肌というのは毛穴から排出された皮脂の影響によって弱酸性に保たれています。

弱酸性の皮脂膜は、肌の潤いを保ったり、雑菌の繁殖を抑えてくれたりもします。



夏にたくさん汗をかいてあせも等の肌トラブルが起こるのは汗がアルカリ性で、

肌表面の性質をアルカリ性にしてしまうからです。


当店では髪の毛と肌の性質と同じ弱酸性の薬剤を使った施術を行う事にこだわっています。




Q & A


Q . どんな髪の毛でもインナーカラーなら出来るんですか?

A . 出来ないこともございます。お客様の髪質、施術履歴、ご希望される髪色によって判断させて頂きますので一度カウンセリングさせてください!

Q . 職場、学校の社則、校則が厳しいのですが出来ますか?

A . カラーをする範囲を調整したり、カラーの明るさ、鮮やかさを調整すれば出来るかもしれません。相談して決めていきましょう!

Q . 縮毛矯正をした後にすぐインナーカラーをする事は出来ますか?

A . 縮毛矯正したての髪の毛はまだ不安定な事があり、ブリーチなどの強いアルカリ性の薬剤を付けると縮毛矯正が取れてしまう場合がございます。最低でも1〜2週間の期間を空けて下さい。
前述したようにインナーカラー部分に縮毛矯正をかけない場合は同時施術も可能です。




まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。


縮毛矯正とブリーチを一緒に行うのはとても繊細で危険です。


それでもどうしても縮毛矯正とハイトーンを一緒にしたい場合には


インナーカラーだと少しリスクを抑えて楽しむことができます。


縮毛矯正をしていても髪の毛の色を変えて楽しんでみませんか?





▽僕のInstagramアカウントです▽

https://instagram.com/reo.0.0/





弱酸性の薬剤を使った施術の内容を載せており、こちらのDMからご予約もお取り出来ますので是非覗いてみて下さい!