【痛むカラーは損してる?!】痛みの少ない弱酸性カラーのメリット、取り組み方を徹底解説!

2022/11/12
【痛むカラーは損してる?!】痛みの少ない弱酸性カラーのメリット、取り組み方を徹底解説!

こんにちはENORE銀座 スタイリストの平井春輝です!

今の時代、ヘアカラーを行っている方はとても多いと思いますが、ヘアカラーをしていて色落ちが早いと感じることや、質感がパサつくなど、ヘアカラーで髪にストレスを抱えている方は多いと思います。私自身もヘアカラーをよく行っていたので、同じような悩みがよくありました!

ヘアカラーはとても楽しいものですが、様々な薬剤が世に出回っており、同じ色味でもカラー剤次第でダメージ量が違ってきます!

今回はその中でもダメージが少ない弱酸性カラーについて、弱酸性専門店美容室が解説していきます!

弱酸性カラーの特徴

普通のヘアカラーと弱酸性カラーの違いは、名前の通り性質がアルカリ性弱酸性かにあります。

アルカリカラーを定期的に行うと、髪質が弱酸性からどんどんアルカリ性に偏ってしまい、それがダメージとなり質感の悪さに繋がってしまいます

髪の毛がアルカリ性に偏ると、色落ちが早くなる傾向があるため、髪質や色持ちを気にする方などは弱酸性カラーをオススメします!

弱酸性カラーのメリット

・色の持ちが長持ち

弱酸性カラーは髪の毛と同じ性質の薬剤である為、継続的に行うと色味の定着度が増していきます

・ダメージ量が少ない

髪の毛の性質は弱酸性でできている為、同じ弱酸性のカラーを行う事は、ダメージレスに繋がり、一般的なカラー剤に比べダメージ量が4分の1軽減できます!

・赤み、黄色みが出にくい

カラーの色が落ちてきて、赤みや黄色みが出てくるのは、アルカリカラーの特徴なので、弱酸性カラーを行い、髪の毛の性質を弱酸性に維持して入れば、色落ちの赤み、黄色みが出にくくなります!

髪質改善トリートメントを併用する

弱酸性カラーはダメージが少ないですが、0ではない為、カラーのタイミングで同じ弱酸性の髪質改善トリートメントを行うと色ももちろんですが、髪質が綺麗になります

トリートメントはカラー同様で落ちてしまうので、一回だけのやりっぱなしは一時的なものになってしまいます

継続的にトリートメントを入れていく事で髪に栄養が入り、髪のダメージが安定し、カラーの色味にも綺麗に入りやすくなります

弱酸性カラー+髪質改善トリートメントのご予約はこちら(平井指名ボタンをお願い致します)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弱酸性カラー+髪質改善トリートメント ¥10.560

まとめ

ここまで弱酸性カラーについてご紹介しましたが、弱酸性カラーは

・ダメージが4分の1少ない

・ダメージが少ない事で色持ちが安定していく

これらが大きな特徴になります!

定期的なカラーで色落ちが早くなるとカラー頻度も高くなり、その分ダメージ量も増えてしまうという悪循環にならないよう弱酸性カラーを一度行ってみてください!

弱酸性カラーは継続的に行う事でより綺麗な髪を実感できます!

ご予約・住所・お電話

弱酸性カラー+髪質改善トリートメントのご予約はこちら(平井指名ボタンをお願い致します)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弱酸性カラー+髪質改善トリートメント ¥10.560

東京都中央区銀座4−13−14 2F 

東銀座駅3番出口徒歩1分 銀座駅徒歩5分  

℡03−6264−0214

Instagram

✂︎hirai_haruki35✂︎