【ケアブリーチ1回】ダメージレスにペールカラーを楽しめる?!

2021/09/26
【ケアブリーチ1回】ダメージレスにペールカラーを楽しめる?!

みなさんケアブリーチを知っていますか??

こんにちは、ENORE表参道店の高橋知里です!

本日紹介させていただくのは、ペールカラーについてです😊❤︎

まずペールカラーって何??

ペールカラーとは薄い系統のカラーになります。例えば薄ピンク、薄紫日本語に置き換えるとこんな感じです。

それではもっとペールカラーを知っていただくためにブリーチカラーについて詳しく説明していきます。

ケアブリーチとは??

ケアブリーチとは

ケアブリーチとは一般的なブリーチと比べてダメージが95%軽減されているブリーチになります。

ブリーチしてみたいけどダメージがすごそうだから一歩踏み出せないなぁ、、、

と思っている方もたくさんいると思います。

ケアブリーチでも毎回前頭にやるとさすがにダメージはしますが

リタッチ(伸びてきた根本)で明るくしていくとダメージ少なくケア次第では

綺麗なハイトーンスタイルができちゃうんです!

ENOREではダメージレスをメインに施術していくのですが、

やはり普通のブリーチを使っていくとダメージが大きすぎてしまいます。

髪の毛の色はめちゃくちゃ抜けるのですが、

抜けが早い分ダメージも大きくなってしまうというわけです。

じゃあケアブリーチは金髪に抜けないんじゃないか??

と思う方もいますが、大丈夫です。

ブリーチは基本髪の毛のダメージレベルに合わせてお薬を調合していくので

一気に強いブリーチ剤で抜くより、ゆっくり時間をかけて抜いていくのが

今後も綺麗な髪の毛作りをしていく上で重要なことになります。

リタッチって何??

リタッチとは、根本が伸びてきたプリンに施術する方法です。

カラーと同じく頭皮に近ければ近い程体温が高くなっているので

ブリーチも比較的抜けやすくなっています。

なので根本から2センチ以内でブリーチのリタッチをしていくと一度で綺麗に抜けます。

なので2センチ以内で通っていただくのがベストなんです。(1〜2ヶ月に1回ペースになります。)

綺麗に抜けてくれるラインでギリギリなのが2.5センチなのでそれ以上を

超えてしまうと抜けきれないオレンジのラインが残っていってしまうんです😢

そもそもアジア人の髪の毛は赤とオレンジなど暖色系の色素で出来ているのですが

カラーでハイトーンにすることは出来ないんです。

濃いめの暖色系のカラーであればブリーチなしで もまあまあ発色はするのですが

ペールトーンのカラーのように薄めの色になってくるとブリーチが必須になってきてしまいます。

だからと言って毎回全頭のブリーチをやってしまうと

毛先からダメージして伸ばしている髪の毛を切らなければなってしまうので

先ほど説明したケアブリーチリタッチで色を抜いていくのがおすすめになっています。

こちらがリタッチで抜いた髪の毛になります↓↓↓

ハイトーンはブリーチのベースが命と言ってもいいほど大事な工程になるので

抜け切らないまま流してしまったり

塗りムラがあったりするとシマシマになって綺麗な色は入りにくくなってしまいます。

理想のカラーはベースから大事にしていきましょう!

ペールカラーとは

ペールカラーとはカラーの中でも薄い色になります。

こちらはペールピンクになります!!↓↓↓

ペールピンクにするメリットは、たくさんあるのですが一番は色落ちが綺麗なことです。

ブリーチもしっかり抜けきっていて、カラーも薄めに調合しているので

ピンクホワイトのように白っぽく抜けてくれます。

なので次また違うカラーがしたいと思っても

挑戦しやすいことが一番大きいかなと思います!!

こちらはペールパープルです!↓↓↓

こちらのペールパープルは、シルバーも調合していて光沢のある感じに仕上がりました。

色落ちを楽しんでもらうために過程でシルバーになっていくのもポイントになります。

全頭にやってももちろん可愛いのですが、バングカラー、フレミングカラー、グラデーションカラーのようなデザインカラーでやってもとても可愛いんです!!

こちらはバングカラーにシルバーミルクティー系のペールカラーを入れてあげています。

ベースはネイビー系の色で落ち着かせてあげてもトレンドで可愛いです!!

※暗めのトーンと明るめのトーンを共存させるには一つ注意していただきたいことがあります※

お風呂に入る際に、薄いトーンのカラーは色移りをしてしまいやすくなっているので、

改善としてはラップで巻いて別個に洗ってあげるなど

してあげたほうがカラーは移りにくくなっています。

こちらはグラデーションカラーになります!

ブリーチ1回でも挑戦しやすいミルクティーカラーに毛先だけ

グラデーションでペールカラーを入れました。

こちらのミルクティーはブリーチ1回でできます!!

一回で二色違う色を楽しめるのもデザインカラーの

メリットだと思います。

こちらは、今韓国で流行っているフレミングカラーになります。

ちなみにブームの火付け役となったのは

BLACK PINKのジェニちゃんです🇰🇷🤍

初めて聞いたなぁと思った方是非調べてみてください!!

とっても可愛いんです🤍

フレミングカラーとは、インナー部分と前髪をつなげて

ブリーチしていくカラーになります。

フレミングカラーは顔まわりをタンバルモリ風に巻いても可愛いですし

簡単に韓国風に巻けちゃいます!!

このようなハイトーンを今後も綺麗に楽しんでいきたいという方にはブリーチもダメージ少なく

施術していくことも大事になるのですが、カラーもダメージを最小限にしてあげることで

普段の髪の毛の扱いやすさが格段と変わってきます。ENOREでは弱酸性の領域内で

カラーを楽しめることができますのでぜひ一度お試しいただきたいです!!

知っておきたいブリーチQ&A

Qブリーチは何回が限界ですか??

A正直いうと髪質にもよります。全ての方が同じ抜け方をしないのと

ブリーチ調合の強さでも何回できるか変わってきます。

なので5回しても耐えられる方もいたりそれ以上耐えられる方もいるので

正確に何回できます!!ということは言えないのですが、ダメージレベルを見極めながら

ブリーチの強さを調合していくのがベストだとは思います。

Qブリーチ1回でも挑戦しやすいカラーは??

Aブリーチ一回でも綺麗に入るカラーはすばり赤です。

ブリーチがそこまで抜けなくても発色はとてもいいです。

基本的に黒髪の方は赤やオレンジの色素が強くあるので、

ブリーチで抜いていく過程でオレンジ味が初めに出てくるのは

元々の色素が出てきているからなんです。

なので暖色カラーはとても入りやすいです。

Q縮毛矯正をかけていてもブリーチはできますか??


A縮毛矯正をかけていても縮毛はできます!ですが色を抜いていくのでダメージは大きいです。

なので結構リスクは伴います。なぜかというと縮毛矯正とブリーチは元々相性が良くないのですが

キューティクルを開きながら色を抜いていくことになるからです。

なのでリスクは伴いますが、グラデーションやインナーカラー、ピアスカラーなど

ポイントで入れてあげると挑戦はしやすいかなと思うので、デザインカラーを

私はおすすめしています!!全頭にやってしまうと染めたてはいいのですが

日々生活していくうちに少しでもケアを怠ってしまうとボロボロになってしますからです!

でも初めに言っておきたいのは、リスクは伴います!!

最後に

最後まで見ていただきありがとうございました!!

ペールカラーいかがだったでしょうか??

人とは少し違う個性的なスタイルをやってみたい!

ペールカラー気になる!

と思っていただけると嬉しいです!

ハイトーンは毎回リタッチで施術していけば

ダメージ少なく綺麗に髪の毛を伸ばせるので

ハイトーン艶髪なら是非1度私にお任せください😊

ご予約はインスタDMでお待ちしております。

https://www.instagram.com/c.s.t.0000/

こちらがインスタグラムになります↑

またご予約もたくさんお待ちしております!