ヘアカラーの白髪染めを明るく仕上げるために知っておきたい3つの事

2021/08/21
ヘアカラーの白髪染めを明るく仕上げるために知っておきたい3つの事

白髪染めでも明るくしたい、デザインを楽しみたい、そんな方に白髪染めを綺麗にする方法やそもそも白髪染めとオシャレ染めの違いって?

というところを詳しくenore柏店 鈴木が解説させて頂きます。

ヘアカラー 白髪染めとオシャレ染めの違い

簡単に言ってしまうと実は違いは無いです。

オシャレ染めで白髪を染めることも出来ます。

ですが白いところと黒いところを馴染ませようとした時、真っ黒く染めない限り色の差が出てしまいます。

例えば赤の染料で染めた場合、黒いところは赤茶色がかった色になり、白いところは赤く染まります。

そのためその差を埋めるのにブラウンの色素をカラー剤に入れることで中和していきます。

白髪染めと言われるものは、もともとブラウンの色素が多く含まれたカラー剤になります。

また、カラー剤というのはアルカリと呼ばれる髪を明るくするための成分と色味(染料)などから出来ています。

アルカリが多いと色を抜く力であったり髪のキューティクルを開かせる事が出来るので、染まりにくい白髪もよりしっかりと染まります。

白髪染めのお薬にはアルカリ量が多い(髪を染める力が強い)ものが多いです。

特に市販のカラー剤や白髪染めは痛みやすくなってしまうので注意が必要です。

詳しい話になると、カラー剤の中でも濃いブラウンと薄いブラウンがあり、しっかりきっちり染めたい方は濃いブラウン、時間がたった時に少し淡く抜けてきて次に生えてきたところ馴染むブラウンと使い分けをする事が出来ます。

このあたりは美容室、美容師さんと相談してなりたいカラーのイメージと、来店周期から考えてあげると良いと思います。

きっちり染めるほうが次の白い所が生えてきた時に根元が目立ちやすくなりますが、来店周期が短ければ問題ないです。

馴染むように染めると次の生えてきたところとの差はきっちり染めるより気になりにくくなり、周期は長くしやすいですが色の抜けが気になることも。

私は白髪染めで周期を伸ばす事を考え染める事が多いですが、白髪染めの濃いブラウンとオシャレ染めのブラウンをMIXして使う事も多いです。

お客様のニーズに合わせて、相談するとより理想に近いカラーになるかと思います。

ヘアカラー 白髪染めでも明るく

明るい白髪染めをするのにまず気をつけたいことは、白髪の量です。

白髪率10%の方と、50%の方では、色の入りが違ってきます。

白髪率が50%ほどになるとワントーンくらい明るく仕上がります。

同じカラー剤でも、もともとの白髪の量で明るさの仕上がりが変わってきます。顔まわりやコメカミあたりが明るく仕上がりやすいのは体温が高いことや白髪が多い場所だから、

明るい透けた仕上がりになってきます。

その場合、しっかり色を均一に入れたい時はカラー剤を2種類分けて作り、顔まわりだけ0.5〜ワントーン暗い色で塗布することで、均一な仕上がりになってきます。

ヘアカラー 白髪染めにハイライトを入れる

白髪染めをしている方も明るく仕上げる方法として、ハイライトを入れることもあります。

暗く染まっている毛先をカラー剤の明るいものやブリーチを使って脱色し、明るい縦の線を作る技術になります。

今は白髪を馴染ませる、ぼかす、という目的で細く顔まわりや表面にハイライトを入れていくのが主流になりますが、ハイライトの手法を加えると白髪染めでもデザインの幅を広げることが可能になります。

ブリーチ剤を使う事で髪への負担は大きくなるので、ショートやボブスタイルの方にオススメです。

Q&A

白髪染めを繰り返して暗くなった髪を明るくするには?

①時間はかかりますが、毛先より明るめのカラー剤で伸びてきた根本をリタッチで染め続け、生え代わりをさせていく。

ダメージさせたく無い方、お仕事上あまり明るいカラーが出来ない方にオススメです。

②カラー剤では暗くなった髪を明るくする事は出来ない(染料をカラー剤で取ることは出来ない)のでブリーチや、ブリーチをカラー剤に混ぜたお薬で染料を取り除いていく。

その際ムラにもなりやすいのでダブルカラー、再度カラーを重ねる事が前提になります。

③暗い所をハイライトを入れる明るくする。

カラーによって全体が真っ黒の場合、ハイライトでも陰影がつきすぎてバランスが悪くなる事があるので、ハイライトを入れる前の状態が自然な茶色からこげ茶くらい、白髪率50%以下の方や、デザインを楽しみたい方にオススメ。

白髪染めはどれくらいからした方が良いの?

気になり始めたら一度美容師さんに相談するのが良いです。

個人的には数本ならまだ意識して染める必要はなく、根本からカットしておさめれば良いと思います。

ですがどうしても、、という場合は普段カラーしてる方であればトーンやカラー剤、タイムをコントロールすれば染めることは出来るので特に問題はないです。

普段カラーしない方であれば、一度白髪を染め出すとずっと染めることになりかねないので、出来る限り白髪を根本からカットで済ませる事をオススメします。

白髪が数本であれば良いのですが、目立つようになると年齢も上がって見えるので注意が必要です。カラーが気が進まないようであれば、カラートリートメントなど、ご自宅で馴染ませる方法でも良いと思います。

白髪染め、明るくなりすぎた 対処法は?

白髪染めで根本が明るくなりすぎた場合、再度リタッチ(根本カラー)をしてあげる事で解決します。

もともと暗めのカラーをしていたところに明るくしようと思い、トーンが明るめのカラーをするとなりやすいです。

一度白髪染めで暗くした所は明るくなってくれません。ですので、急に明るいカラー剤を使ってトーンを上げると根本だけが明るくなって目立ってしまいます。

その場合先の暗い所に合わせてリタッチ(根本カラー)をして暗くすれば解決します。

時間が経つと褪色(色抜け)はしますが極端に根本を明るくしていない限り馴染んでくれます。

その後根本が再度新しく生えてきたところで明るさを調整した薬剤で染めてあげましょう。

白髪染め 一番明るい白髪染めは?

ハイライトなどを使わず一色(一回)で染めるenoreで扱っている一番明るい白髪染めは10トーンになります。

明るめのカラー剤のぶん、白髪はうっすら色が入る程度になるので周期が短い方、もしくは明るさ重視で白髪はそこまで気にしていない方に向いています。

明るめが希望でも白髪をしっかり染めたい方は6レベル、馴染むようにしながら明るめのカラーを楽しみたい方は7レベルから8レベルで染めて上げると良いでしょう。

明るい白髪染め 市販のカラー剤で染めても良いですか?

明るく白髪染めをしたい場合、市販のカラー剤で染めると伸びた根本だけでなく、明るくなっている毛先まで薬がついてしまいやすい、思った色に染まらない、その結果暗くなってしまう可能性が高いのでオススメ出来ません。

明るい白髪染めは時間をかけて髪を育てていくイメージになるので、一度暗くしてしまうと最初から育て直すことになり、時間もかかりますし、再度明るくしようとした時に髪の負担につながることが考えられます。

基本的に自宅でカラーをするのは避けた方が良いです。

次回のカラーまでどうしても気になる場合はシャンプーで落とせるコンシーラーやヘアマスカラで対処してあげると良いと思います。

まとめ

明るくする白髪染めは白髪の量に合わせてカラー剤でコントロールする方法、ハイライトなどの技術で明るくする方法があります。

目指すデザインや目的で変わってきますので、まずは美容師さんにご相談することをオススメします。

ENORE柏 鈴木英之

【price】

弱酸性縮毛矯正<カットなし>  15000円 

酸熱トリートメント<カットなし> 15000円

ハイダメージ毛対応縮毛矯正<カットなし> 22000円

縮毛矯正+弱酸性酸熱トリートメント<カットなし> 22000円

カット 5500円

カラー 6600円

トリートメント 5000円