【2021春夏トレンド!!】ハイライトカラーでつくるワンランクお洒落カラースタイル

こんにちは!

美容室ENORE(エノア)スタイリストの

ゆーたまるです!!

ゆーたまるの自己紹介はここで飛んでください←

 自分のやりたいカラーの伝え方!!どんなカラーにしていいかわからない方必見!!

https://www.youtube.com/watch?v=0FBicFRnyfA&t=85s 

今回はここ最近かなりトレンドカラースタイルになっているブリーチハイライト特集!!!

ではまずハイライトについて説明を入れていきたいと思います!

ハイライトカラーとは

細い束をとり明るくすることでカラーにカラーにコントラストをつけて

立体感や流動感を出すことができるカラー手法です!

ハイライトカラーのオススメポイント

① 今のヘアカラースタイルにほんのり明るい印象をプラスすることができる!

② 何もしなくてもヘアカラーに立体感が出てお洒落感がアップする!

③ ハイライトにカラーを被せると個性のあるカラーにすることもできる!

④ 全体のブリーチには抵抗がある方にポイントで手軽に入れることができる

⑤ 透明感が欲しい方にはオススメ!

 ⑥ 根元が伸びてきても気になりにくい

⑦一人一人のライフスタイルに合わせてハイライトをデザインできる

⑧白髪がをぼかすことができる

ハイライトカラーはこんな方にオススメ!

・透明感を出したい方

・印象を明るく見せたい方

・全体ブリーチはしたくないけどデザインカラーを楽しみたい方

・スタイリングやアレンジにお洒落なこなれ感が欲しい方

・カラーの頻度が3か月以上の方

・白髪が出てきて暗くしたくない明るいカラーが好きな方

ご予約はこちらのボタンをクリック☟

ハイライトカラーはブリーチが必須なのか??

一般的にはブリーチを使うことが多いですがブリーチしなくてもできます!

元々の髪色が暗ければそれより明るいカラーを使えばハイライト効果にはなります!

だだ、ブリーチほどのコントラストは出にくく馴染みやすいので

コントラストをつけたい方やデザイン重視な方にはブリーチを使うことをオススメします。

ハイライトカラーのメリットとデメリット

ハイライトカラーのメリット

・透明感が出せる

・立体感や流動感が出る

・スタイリングやアレンジがお洒落になる

・根元が伸びてきても気になりにくい

・印象を明るく見せられる

・個性を出せる

・全体ブリーチより傷みが少ない

ハイライトカラーのデメリット

・ブリーチすると少し傷みが出る

・ブリーチ部分の色落ちが早い

傷みに関してはブリーチ後にアルカリキャンセルを行うことでその後のダメージ要因を排除することができます。

のせるカラーは傷みを抑えられるカラーを使うことでダメージレスな施術をすることで

デザインカラーをしながら髪を綺麗に保つことができます。

色落ちは少し濃いめの色を入れるか

紫シャンプーなどで黄みを消せば長持ちさせることができます。

ハイライトカラースタイル特集

アッシュ系・グレージュ系ハイライトボブ編

ブリーチでハイライトを細かく全体に散りばめたボブハイライトスタイル!

グレーアッシュベージュハイライト

やや太めのハイライトを表面に入れたハイライトスタイル!

正面に動きが出たり印象を明るく見せたり必要な部分に入れるのもあり!

マットグレージュハイライト

アッシュ系・グレージュ系ハイライトミディアム編

ブリーチハイライトを細めに入れて毛先の方はグラデーションのハイライトグラデーションスタイル!

根元が伸びてきても気になりにくく毛先の方は透明感も出せるお手軽さ!

マットアッシュグレージュハイライト

全体にブリーチハイライトを入れて立体感をプラス!

柔らかく明るい印象に見せることができる自然に馴染むハイライトスタイル!

アッシュベージュハイライト

アッシュ系・グレージュ系ハイライトボブ編

こちらも全体にハイライトをブリーチで散りばめ

アッシュグレージュでコントラストをつけたハイライトスタイル!

アッシュグレージュハイライト

ご予約はこちらのボタンをクリック☟

ハイライトカラー値段

ハイライト + オンカラー なら Wカラーのメニューで

¥16500

オンカラーなら 弱酸性カラー のメニューで

¥7700

気になった方はインスタグラムにDM飛ばしてください!

https://www.instagram.com/yutamaru_bt/

遠藤 悠大