ブリーチ1回で出来る!ベージュカラー5選

2021/10/25
ブリーチ1回で出来る!ベージュカラー5選




こんにちは

ENORE青山店のレオです!


今回はベージュカラについて紹介していきたいと思います!

ベージュというのは元々、染色していない羊毛の色の事だったそうです。

色の定義としては薄い黄色や、茶色の事を指すみたいです!



髪色でベージュカラーを作る時にブリーチ無しだと透明感が出づらく、暗いブラウン寄りになりがちです。

でもブリーチをし過ぎて痛むのも嫌だ!

という方は1回だけブリーチをして綺麗なベージュを作るのもありです。




今回はブリーチ1回で出来るベージュカラーを5つご紹介していきます!




①ミルクティーグレージュ

ブリーチ1回に薄いブラウンとグレーをミックスしたカラー

ナチュラルなのですが少しグレーが入る事でパキッとした格好良い色味になっています。

普通のベージュより大人っぽくみられたい方におすすめです!

②ミルクティーベージュ

王道のミルクティーベージュです。

ブリーチの回数や時間を増やす事でより明るいベージュにすることも出来ますが、

このくらいの明るさだと暖かみが感じられて優しい印象の色味になりますね。

③ブラウンベージュ

暗めのブラウンベージュです

髪質によってはブリーチ無しでも出来るかもしれません!

ブラウンを多めに混ぜる事でまろやかな印象になり、秋冬におすすめな色味です!

④ピンクベージュ

ベージュに鮮やかなピンクをプラスしたカラーです。

髪質によっては2回以上のブリーチが必要な場合もあります。

鮮やかなピンク、ブルー、グリーンなどにもベージュを入れることで自然な印象に出来ます。

鮮やかな色味に初挑戦する!という方におすすめです!

⑤ブロンドベージュ

ブリーチでしっかり色を抜いた後にうすーくベージュや紫を入れたブロンドベージュです!

ベースの色が明るくなっている必要があるので色が抜けにくい方は数回のブリーチが必要な場合もあります。

海外の方の地毛のようなブロンドカラーに一度は憧れますよね!

色味が薄いのでここからいろんなカラーに変えられるのもメリットです!

まとめ

・ ベージュといってもたくさんの色があるので自分に合ったカラーを探すことが大切


・ ベージュカラーはブリーチをするとより綺麗になりやすい


・ ベージュカラーは基本的に暖かくて優しい雰囲気になりやすい

おわりに

ここまでお読み頂きありがとうございました!


ベージュカラーはいかがでしたでしょうか?

ベージュカラーはどんな季節でも、いろんな服装に合いやすいので誰でも挑戦しやすいと思います!


鮮やかなベージュカラーを作るにはブリーチが必要だと紹介しましたが、

ブリーチは髪の毛がとっても傷みやすいメニューになるので、実際にする時はぜひ ケアブリーチ を使っているお店を選んで下さい!

ケアブリーチというのはダメージを軽減する『コハク酸』と潤いをキープする『アミノ酸』を配合したブリーチ剤で通常のブリーチよりも髪の毛を痛めずに脱色することができます!

当店ではケアブリーチに加えてカラー剤やヘアケア用品にもこだわっておりますのでぜひご相談ください!



▽ご相談、ご予約はこちらから▽


Instagram

https://www.instagram.com/reo.0.0/