【1ケアブリーチ】で出来る鮮やかレッドカラー🍎❤️

2021/11/26
【1ケアブリーチ】で出来る鮮やかレッドカラー🍎❤️

こんにちはENORE表参道の高橋知里です!!

今回はブリーチ1回でできるレッドカラーについてです。

皆さん暖色系のカラーは挑戦したことありますか??

今の世の中新型コロナウイルスが流行ってますよね。

マスクが生活必需品の一部となった今、色々進化しています。

たくさんの進化を遂げているマスクたちの中でも血色マスクというものを知っていますか??

血色マスクというのは、薄いピンク、オレンジ、きいろなど暖色系カラーの優しい色味のマスクです。

そこで本題に戻るのですが、暖色系カラーは顔色もよく見えてくる色味ではあるんです。

その数ある暖色系カラーの中で今回はレッドカラーについてご紹介していきます。

🍎❤️🍎レッドカラーの魅力🍎❤️🍎

レッドカラーについての魅力を紹介していきます。

まずアジア人の髪質は地毛が黒の方がほとんどなのですが

カラーやブリーチをすると赤茶色やオレンジ味のある金髪といった赤、オレンジの色素がでてきます。

そこを踏まえてなのですが、レッドカラーはカラーの中でも1番入りやすい色味になっています。

もちろんブリーチ無しでもほんのり色味が出てくるぐらいなのでケアブリーチをしてあげると

更に赤の発色がよくなります!

濃く入れれば深みのある赤になりますし、ほどほど明るく入れれば染めたてでも綺麗に発色します。

こちらのお客様は深みのあるワインレッドに仕上げました。

色落ちも楽しみたいということだったので

濃く入れる提案をさせていただきました🍎

こちらのお客様は、とにかく赤を発色させたいということだったので

濃くなりすぎないように入れつつ

しっかり発色してくれるようにお薬を配合しました!

レッドカラーにするメリット✨

レッドカラーにするメリットを紹介していきます。

・赤系のカラーは寒色系のカラーに比べて色の持ちがいいことです。

元々赤が入りやすいというのもありカラーも抜けにくくもなっています。

そして血色、顔色がよく見えてきます。

寒色系のカラーが顔色悪く見えるというわけでは無いのですが

化粧品のチークとかと同じ要領で感じで考えていただくとわかりやすいです。

チークは顔色を良くするために付けるものなので

髪色でも暖かい色で染めていただくと顔色も良く見えるという感じです!!

カラーの色持ちをよくするには、、?🥺

まず1つ目は、シャワーの温度と乾かすのが大事になります🥺

熱すぎると色落ちも早くなってしまうので、

38度位(40度いかないくらい)の温度で洗ってあげると持ちが良くなります。

2つ目は、アイロンの温度です🥺

180度以上で通してしまうと髪の毛に負担がかかってダメージしてしまうのと

温度が高すぎて髪色が落ちてしまうことがあるのでなるべく150度以下で

通してあげるといいです。

3つ目はシャンプーです🥺

市販のシャンプーを使っている方はたくさんいると思うのですが

市販のシャンプーの中には洗浄力が強いものもあるので

髪や頭皮についた汚れをとってくれるのですが、

それと一緒に染めた染料も落ちてしまうので注意が必要です⚠️

品質の良いシャンプーを使ってあげるのがベストなのですが

ENOREでもオリジナルのシャンプーを作っているので縮毛矯正用だったりカラー用だったり

それだけではなく髪の毛の状態や髪質を見てシャンプーを選んでいけるので

色の持ちは良くなります!!

〜最後に〜

最後まで見ていただきありがとうございます!!

ケアブリーチで計画的に綺麗なハイトーンカラーをしませんか??

ブリーチヘアはお家でやっていただくケアも大事になってくるので

手間はかかってしまいますが一緒に頑張っていきましょう!

弱酸性縮毛矯正も得意ですのでご予約たくさんお待ちしております!!