髪質改善カラーで作るブリーチなしアッシュカラー

2022/01/16
髪質改善カラーで作るブリーチなしアッシュカラー


こんにちは!

美容室 ENORE(エノア)青山店

スタイリストのゆーたまるです!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9ce39d13197b48e3e09f1b1c14b20fee4a543c04.jpg

ゆーたまるの自己紹介はここで飛んでください←



ご予約はこちらのボタンをクリック☟

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5c1cce2de04c70cd510efb82b808dc9ff4538718.jpg

電話でのお問い合わせはこちら☟ 

☎︎ 03−6447−0904 

 〒 東京都渋谷区神宮前3-11-7 B1

今回は髪質改善カラーでつくるブリーチなしアッシュカラーのブログを書いていきます!

このブログでは

  • ・髪質改善カラーについて知りたい
  • ・髪質改善カラーでアッシュにできるのか知りたい
  • ・髪質改善カラーでつくるブリーチなしのアッシュカラーはどんな色になるのか知りた

という方におすすめのブログとなっておりますのでよかったら参考にしてください!

では早速本題に入っていきます!

髪質改善カラーとは

髪質改善カラーは通常のカラーでかかるダメージをできる限り少なくしたカラーになっています

通常のカラーは髪の毛に色を入れるとは別に明るくさせる効果も含まれています

その明るくさせる効果が髪の毛には負担をかけることになるのです

ですので髪質改善カラーはそのカラー剤に含まれる明るくする効果を無くしたカラーになっています

それをエノアでは「弱酸性カラー」と言います

弱酸性カラーは明るくさせる力がない分、色しか入れることができません。

そのため黒髪を明るくさせることはできないというのが特徴です。

「弱酸性カラー」はカラートリートメントに近いヘアカラーとなっています

弱酸性カラーについて詳しく知りたい方はこちらのブログがおすすめです↓

髪質改善カラー「弱酸性カラー」のメリットとデメリット

では弱酸性カラーのメリットデメリットについて説明していきます!

メリット

・通常のカラーよりもダメージが少ない

・カラーの中にトリートメント効果がある

・艶が出やすい

・サラサラになる

・繰り返すと色持ちが良くなる

・カラーが落ちた後に色落ちが明るくなりにくい

デメリット

・明るくできない

・ダメージ具合によっては色が濃く入る場合がある

髪質改善カラーで作るブリーチなしアッシュ

髪質改善カラーでつくるブリーチなしアッシュは黒髪の方には施術ができません

明るくさせるパワーがないので黒髪からだと色が変わりません。

ですので初めてカラーをされる方や時間が経って根元が伸びていきている部分へは

少しパワーのある薬剤を使わなければいけませんが

毛先の以前カラーをして退色してきた明るくなっている部分には髪質改善カラーが適用できます

根元は1度だけ少しパワーのあるカラー剤を使い、毛先の明るくなっている部分には弱酸性カラーを使うことで

できる限りのダメージを抑えてカラーをすることができるのが髪質改善カラーです!

髪質改善カラーで作るブリーチなしアッシュカラー特集

では早速、ブリーチなしで作るアッシュカラースタイルをご紹介していきます

もっとアッシュカラーについて知りたい方はこちらのブログがおすすめです↓

ブリーチなしでつくるグレーアッシュ(6トーン)

ブリーチなしでつくるピンクアッシュ(8トーン)

ブリーチなしでつくるラベンダーアッシュ(7トーン)

ブリーチなしでつくるダークアッシュ(5トーン)

ブリーチなしでつくるグリーンアッシュ(7トーン)

以上が髪質改善カラーで作るブリーチなしアッシュカラー特集でした!

料金と施術時間

ワンカラー ¥7700(税込)

約1時間〜



カラートリートメント 初回クーポン20%OFF

¥13200→¥10560(税込)





ご予約はこちらのボタンをクリック☟

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5c1cce2de04c70cd510efb82b808dc9ff4538718.jpg

気になった方はインスタグラムにDM飛ばしてください!

https://www.instagram.com/yutamaru_bt/