縮毛矯正とカラーって同時施術可能なの??良い場合とダメな場合の2つをご紹介致します。

2022/05/18
縮毛矯正とカラーって同時施術可能なの??良い場合とダメな場合の2つをご紹介致します。

季節は春から夏になる前にやってくる梅雨の時期。

髪の広がりやまとまりはつかず髪型が上手くいかなくなりやすいですよね。

こんな時期は縮毛矯正でお悩みを解決しましょう。

また、縮毛矯正とカラーも一緒にやりたいのだけれどはたして同時に施術は可能なのか、についてもご紹介致します。

今なら新規の方限定

弱酸性縮毛矯正+カット 24200円

お電話のお問い合わせは吉澤の記事を見たと言っていただければこちらの料金でご案内いたします。

下記電話番号クリックでお店に繋がります。

☎︎ 03−6264-0214

ENORE 銀座 所在地

〒 東京都中央区銀座4-13-18-2F

クセがなくても縮毛矯正をかける時代なんです。

昔は、縮毛矯正かける=癖が強い人のイメージがありませんでしたか?

また、縮毛矯正=ダメージが出るというイメージの方も多いはず。

実はこのイメージ、とうに昔の話です。

いまでは癖がない方でもかけます。

何故癖がない方がかけるのか、それは艶感がほしい、ボリュームを減らしたい。このようなお悩みにも対応できるのが昨今の縮毛矯正なのです。

自然に柔らかい仕上がり。艶感があって美髪に。

縮毛矯正でこれらの願望を全てを手に入れることができます。

縮毛矯正とカラーを同時施術は可能??

縮毛矯正とカラーの同時施術は可能なのか。

答えは可能です。

ただし、薬剤によって答えは変わります。

アルカリ剤

まず、美容室は信号機よりも多いこの時代の中で約9割の美容室が使う薬剤はアルカリという薬剤を使用します。

このアルカリ剤を使った縮毛矯正はカラーとの同時施術は危険です。

絶対にやらないようにしましょう。

理由としては薬剤のパワーが強いアルカリは髪のダメージを多く産む施術なので縮毛矯正だけではなくカラーまでやってしまうとかなりのハイダメージになってしまいます。

よってアルカリ剤で施術するお店でやる場合は注意が必要です。

弱酸性

弱酸性での施術の場合は縮毛矯正とカラーの同時施術は可能です。

理由としてはお肌は弱酸性、髪も同じ弱酸性なのです。

当然同じ成分で施術が出来るので同時に施術しても全く問題ないのです。

仕上がりも柔らかくなるのでオススメです。

また、弱酸性で施術する縮毛矯正やカラーはお肌と同じ成分なので、髪に負担は少ないのももちろんのこと、施術時間も短いのも嬉しいポイントです。

縮毛矯正で気になる質問5つのこと


1.縮毛矯正、髪質改善どっちが綺麗になるの?

縮毛矯正は半永久的にストレートになるので綺麗に施術することでもちは良く美髪になります。髪質改善は1ヶ月は良いですがだんだん取れていくのでもちは悪くなります。ただ継続する事で長持ちし綺麗に美髪になっていきます。

2.ハイライト、ブリーチをしている場合縮毛矯正と同時施術は可能ですか??

可能です。ただしダメージは出やすいので状態をよく確認し出来るだけお肌と同じ弱酸性の薬剤で施術することをオススメいたします。

3.縮毛矯正を失敗しました。直して綺麗にする事はできますか?

状態を見させていただいての判断にはなりますが弱酸性で施術することで確実に今より良くなります。失敗のところにアルカリ剤で縮毛矯正をしてしまうと更なるダメージにつながる可能性があるのでご注意ください。

4.妊娠8か月目です。妊婦でもできますか?

できます。

弱酸性の場合、匂いや刺激がかなり少ないので安心して施術することが出来ます。美に対しても良い。そして体に良いものを使うことがオススメです。

5.縮毛矯正と白髪染めの同時施術は可能ですか?

可能です。ただ、ダメージを出さないようにするためにアルカリでの同時施術は絶対にやめてください。弱酸性で施術する事で髪の負担を最小限にし安全に同時施術が可能になります。

終わりに

縮毛矯正って施術時間が長くかかってしまうイメージ、どうせだったら1回でカラーと縮毛矯正をやりたい。と思っていた方は是非弱酸性での同時施術をオススメします。

縮毛矯正とカラーって同時施術可能なの??良い場合とダメな場合の2つをご紹介致します。

仕上がりも早く自然でもちの良い縮毛矯正です。

参考になれば幸いです。