【2022秋冬流行カラー】ダメージレス 弱酸性カラー 美容室

2022/11/16
【2022秋冬流行カラー】ダメージレス 弱酸性カラー 美容室

こんにちは!

ENORE青山店の福原秀太朗です!

僕の自己紹介もあるのでよろしければ名前をタップして下さい!

2022年 秋冬の流行カラー

今回は2022年秋冬の流行カラーをご紹介致します!

【ブラウン系】

ブラウン系は冬の寒い時など温かみもありとても人気な色です!

【グレーアッシュ系】

冬にあえて寒色系を持ってくることにより透き通る雰囲気で大人な雰囲気が出せます!

【暗髪】

こちらも冬にブルーブラックなど暗い感じで持ってくることにより冬のコートなどにも合わせやすくとても人気なカラーです!

上の画像で人気別に3種類人気の色味を載せましたが、秋冬カラーで僕の一押しはトーンダウンでアッシュ系にして透き通る感じにするととても綺麗かと思います!

具体的にはどんな色味かと言うと、

グレーアッシュって聞くと夏って感じしますよね?? 全然、秋冬でもいけます!

でも、こう言う色味って元々ブリーチしてあったりでそこにオンカラーしている場合が多く、実際に美容室に行ったらブリーチが必要ですね何て言われた事がありませんか?

ブリーチは必要ありません!

実際には10トーンぐらいあればできます!

しかもオンカラーにアルカリ性のカラー剤は必要ありません!全て弱酸性カラーでできます!アルカリ性や弱酸性などのカラーの性質については別記事で徹底解説しているので良ければそちらもご覧下さい!

さらっと説明するとアルカリ性のカラー剤は性質上髪の毛を傷つけてしまうのですが弱酸性カラーの場合は髪の毛を傷つけずダメージレスでカラーする事が出来るのでカラーをしているのに、髪質を良く保てると言う事なんです!!

美容室であまり弱酸性カラーが使われない理由

ではなぜ弱酸性カラーを使わないのか

今までの説明では弱酸性カラーを使わないのか理由が無いのですが、しっかりメリットデメリットとあるんです。。それは時間と材料費がかかる事です。

通常のカラー剤はアルカリ性になるのでキューティクルを開いてガンガン染料を詰め込んでいくのですが弱酸性の場合キューティクルを開かないのでしっかり髪の毛の内部まで浸透させるのに少し時間をかける必要があります。それにプラスで材料費が高くなるので使われない事が多いのです。お客様からすれば弱酸性でやった方が色落ちした時もキラキラせずダメージも抑えられ良い事づくしなのですが色々な理由があります、苦笑

全国的にみて弱酸性カラーを取り扱っているお店がかなり少なくなってます、でも僕はお客様一人一人の髪の毛を綺麗にする方法を知っているのでそれをあえてしないと言う選択肢は無いです笑

しっかり綺麗にしたいので弱酸性とアルカリ性を使い分けて綺麗にして行きます!